オレンジ推奨

工藤遥ちゃんのヲタクです。

工藤遥さんという愛の化身

2017/12/11、私の推し工藤遥さんがモーニング娘。'17を卒業しました。

もう過去になってしまった、モーニング娘。工藤遥さんが。

あれだけ忙しなく毎日何かに追われながら2ヶ月半も過ごしたので、ぱっと日常に戻ったら「もしや夢だったのでは....???」と思ってます、それぐらい夢のような日々でした。

 

あ~~~~~~~すっごい楽しい卒業コンサートだった~~~~~~~。今までのどのコンサートより楽しくて最上級を見せてもらった瞬間です。ですが私の256MBの頭では感情を忘れちゃうそうなので文字にします。

 

行列に並んだら幸せになれるなら早朝から並ぶつんく先生信者の多さにビビりながら長蛇のグッズ列に早朝から並び、限界工藤ヲタのこれからの金運を占う本気の大富豪をやったりしてとにかく大はしゃぎしていました。娘。トランプでやる大富豪は想像以上に面白かったので揃ったやつ商品化してくださいアップフロント様、揃ったやつでお願いします。

進まない長蛇のグッズ列をなんとか終え、みんなでわいわい言いながら買ったグッズを見て軽くご飯食べて・・・って今日卒コン???ってぐらいいつも通りでしたね。

 

開演してからもなんかいつもの公演みたいで「いえーーーーーい!!!!たのしーーーーーー!!!」って感じであんまりしんみりしなかったけど、あんなに聞いたわき愛もWiL?も123ももうこれが最後って思ったらちょっと泣いてしまいました、嘘結構泣いた。

「恋は時に」が好きなんですけど、これってタイトルと歌詞がうまく結びつかなくて、恋の歌じゃないし。で、勝手な解釈なんですけど「恋(してる夢)は時に」なのかなって。あなたなしでは生きてゆけないのあなた=音楽といったつんく先生ならやりそうだな~、って思ってますが正解が知りたいのでライナーノーツください。新しい夢に向かう遥ちゃんの今の心境にこの曲ぴったりですよね。卒コンで聞けてよかったです。

卒コン仕様のゴリゴリ工藤遥推しセットリストにするのかと思いきや本編は本当にツアーのまんまでそれがすっごく嬉しかった。特別にしなくても最高だからモーニング娘。’17のコンサートは。

本編ラストのエンスカ、泣きながら歌う落ちサビに泣きました。でも最強のエンスカは広島夜だと思ってるので絶対DVDマガジンに入れてください(土下座)

 

卒業セレモニーの衣装はオレンジと白のハートたっぷりのアイドル衣装。

f:id:mm_1027:20171215214725j:plain

 遥ちゃんにとーっても似合っててアイドル工藤遥を最後まで見せてくれました。ソロ曲も工藤ヲタクアンセムソング「もしも・・・」で遥ちゃんはファンの見たいを全部見せてくれて、もうファンは遥ちゃんに甘やかされまくりでした。

勝手な推測なんですけど、遥ちゃんは卒業発表したときはこういう衣装で卒業しようとか考えてなかったんだろうなって。きっと発表してから「アイドル工藤遥」がどれだけ人に愛されてたかを本人が知って、それが求められてるから本人はアイドルアイドルした姿で最後を飾ろうと思ったのかなと、イベントでもぶりぶりのアイドル衣装沢山着てくれてたのはそういうことなのかなと思います。

「みなさん私に世界一幸せになってって言ってくれる、その言葉を皆さんに言いたい、みなさんも幸せになってほしい」「私にはこんなに大勢の味方がいる、もうこれ以上の幸せはないんじゃないかなって思う」と幸せについて話してきた遥ちゃんが「幸せになります!」と断言してくれたのは嬉しかったです、だって幸せになってほしいから。遥ちゃんが幸せなだけでもう満足なんですけど、「今以上の幸せをつかんでみなさんにおすそ分けします」とまで言ってくれるんだから遥ちゃんはどこまでも優しいと思います。

遥ちゃんはよく自分は周りにたくさん愛をもらってるっていうけれど、「人は自分を写す鏡」ならば同じぐらいそれ以上遥ちゃんは愛を届けてたということで。遥ちゃんは正真正銘愛の化身だと思う。

 卒業セレモニーの後輩からの送る言葉を聞いてて、「さゆの卒コン見てるみたい」って思ったんです。みんなが大好きな先輩に愛を伝えて、それを継承していく強さみたいなのが見えて、遥ちゃんは本当にみんなに愛されてたし尊敬されてたんだなと改めて感じました。遥ちゃんが卒業したあと12期13期14期は爆発的に伸びると思います、さゆのとき9期10期11期がそうだったように。

セレモニー後に聞く「若いんだし!」はいつも以上に歌詞が胸に刺さりました。つんく先生はやっぱり偉大。遥ちゃんは卒業について「自分勝手に決めた卒業」とか言うんですけど18歳なんてそんなもんじゃないですか。自分勝手にいろいろ決めていいのに、組織に属するものの責任みたいなのが早くから芸能界に入った遥ちゃんにはどうしてもあるんだろうなって思うんです。そんな彼女に「若いんだし!興味あるし!やってみなきゃ分かんないこともあるだろし」「何度もチャレンジすりゃいいじゃん」と全肯定してくれるつんく先生が凄いなと、本当に素晴らしい歌をありがとうございます。

ダブルアンコールのない卒コンだったけど、あの階段に登っていく遥ちゃんを見送って「またね!」とスクリーンに出たときひとつの卒業コンサートという物語が完結したんだなとすっと心に落ちていきました。「またね!」だからまた会えるよね、それをずっと待ちます。

 

推し卒業コンサートってはじめてだったし、「12/12生きてる自信ない」とか「武道館で灰になるかも」とかめちゃくちゃ不安だったけど、寂しいよ~~~~って気持ちより愛してるし愛されてるぞ~~~~っていうダイレクトな愛をたっくさん感じてすごくあったかい気持ちで終えることができました。工藤遥ちゃんを漢字一文字で表すなら「愛」です。たくさん愛してくれて愛させてくれてありがとう。

なのに終演後、なぜだか涙が止まらなくて、卒コン楽しかったし寂しいけどあったかい気持ちだし、け~どくやしいな涙とまらな~い、「なんで泣いてるんだ自分???」って感じで。今になってやっと、4/29が終わってほっとした涙だったんだなぁって分かりました。

twitterの下書きを見返すと「4/29より平気」とか「4/29よりまし」とか何回も書いてて、卒コンまでの間どんなにメンタル削られても卒業発表の4/29があったからあの日より辛い日はないでしょ!って頑張れてたんだと思うんです。だから12/11が終わるまで4/29は終わらなかったんですよね私の中で。ずっと一緒に走って支えてくれたわけです。4/29が366日の中で一番嫌いだけど(笑)、4/29がなかったらここまで走りきれなかったと思うので嫌いだけどありがとうって気持ちです。

 

私はアイドル工藤遥を自分の出せる力すべて出して応援しきったので悔いはありません。ほんとやりきりました!!!こんなにやりきったと胸を張って言えること人生であったかな~、それぐらい本気で突っ走りました。

お腹一杯になるまでアイドル姿見せてもらったし満足です!・・・いや本音はもうちょっと食べれたかもしれない。でもお腹一杯になりすぎて動けなくなっちゃうのも後々困るので腹八分目がちょうどいいんだと思います。だからごちそうさまでした!

 

アイドル・モーニング娘。’17工藤遥ちゃん、卒業おめでとう!

今日も世界で一番大大大好きだよ!